使いやすく堅牢な4Dフロー画像解析の為の先進的なソリューション

患者の心血管系の直感的な解析が可能

 

直感的な可視化:

3D + タイム表示

2D + タイムの矢状面、冠状面、解剖的な横断面の画像、
    及び、位相差画像                                                                                                                                                          

全ての表示に一目で閲覧が可能

複数の可視化オプション: 解剖学的、血管的、流線等…

 

便利なツールボックス:

 画像内の簡単なナビゲーション

 簡単なデータ再構築

QIR-4Dの様々な機能にアクセスしやすいユーザーフレンドリーな
    インターフェイス

血管を適切な形状に分割、補正するための柔軟な機能設定

● 局所的な血流を可視化・定量化するための複数の断面機能

最先端技術に基づく前処理:

自動渦電流補正による血行力学パラメータのロバストな評価

 

以下のような完全な解析が可能:

● 収縮末期血管の自動セグメンテーション

● 中心線の自動トレース

 脈波伝播速度の評価(近日公開)

● 壁せん断応力(Wall-Shear-Stress)の評価

流線渦度の評価 

未来

何かご希望がございましたら、実現に向けて取り組んで参りますので、弊社にお気軽にご連絡ください。